子犬 しつけ

子犬のしつけの効果的な方法

子犬のしつけではトイレをしつけのが一番最初だと思いますが、ほかにも要求吠えや甘噛み等が挙げられます。

 

子犬なので可愛くて、しつけをおろそかにしていると成長してから苦労することになります。

 

トイレのしつけについては流れ通りにやればそこまで難しくないと思います。

 

実際にトイレのしつけについては子犬なら普通にどこの犬にもしつけることなので、割とわかりやすいです。

 

それよりは要求吠えや甘噛みの方がやっかいかもしれませんね。

 

子犬のしつけの詳しい方法については下記からの方法がいいです。

 

下記から詳細情報をご覧ください。

 

プロの子犬のしつけ方法について

 

要求吠えのしつけの基本は、要求を聞かないということです。

 

吠えられて要求をのんでしまうと、さらに要求吠えがひどくなってしまうので逆効果になります。

 

そのために物を与える際には吠えているときに与えてはダメです。

 

吠えるのをやめて落ち着いた時に与えることによって、吠えても要求が通らないということを教える必要があります。

 

逆に吠えてないときに要求に答えることによって、吠えないほうが要求が通ると思わせる必要があります。

 

甘噛みについては子犬の場合は、噛む力をコントロールできてないので、注意が必要です。

 

普通は親犬や兄弟犬とじゃれながら加減を覚えるのですが、それが無理な場合は、あなたが代わりにやってあげるのもいい方法です。

 

具体的に子犬が強く甘噛みしてきたら、あなたが子犬の首筋を子犬が「キャン」という位に噛み返すのです。